Home> こんな症状の方に > ashikubi > 外反母趾 指の痛み 足の痛み

外反母趾 指の痛み 足の痛み

外反母趾は、親指が小指側に曲がってしまった状態です。本来、親指の関節はまっすぐ伸びており、それが曲がってしまうことで痛みを起こします。

曲がってしまった角度が15度を超えると、外反母趾という状態になります。ひどい場合では30度近く曲がってしまっていることもあり、歩行や起立が困難になるケースもあります。

 

外反母趾に至る原因として多いのは、靴や履物による足への締め付けです。締め付けが強くなることで足の変形が起こってしまいます。

 

カイロプラクティック的に外反母趾を見ていくと、決して親指の関節だけに問題が起こっているわけではありません。足には足根骨(踵骨、距骨、舟状骨、立方骨、楔状骨)、中足骨など様々な骨が複雑に関節を作っており、それらの配列がおかしくなっていることが多く見られます。

 

特に多いのは、足の横アーチが落ちてしまい、結果として足が広がったような状態になってしまうことです。足が広がると、てこの原理で親指が小指側に曲がってしまいます。従って、足の骨の配列を整えることが重要になります。

 

外反母趾により起こりうる症状

・足の痛み

・親指の痛み

・足の疲労

・歩きにくい、歩くと痛い

・膝痛

・股関節痛

・腰痛

など

 

リガーレカイロプラクティックでは・・・

リガーレ・カイロプラクティックでは、足のアーチを作るようなアプローチや、足の骨の配列を整える治療を行います。また、足が崩れている方は、足のアーチだけでなく、足首や膝、股関節、骨盤もずれてしまっているため、骨盤矯正や股関節、膝、足などの関節の矯正もしっかりと行っていきます。

テーピングによるアプローチもしております。

実際にテーピングをした時の写真はこちらです。

            外反母趾テーピング施術例1

gaihianboshi.jpg


外反母趾テーピング施術例2gaihanboshi2.jpg


テーピングをするとどうしてもかぶれてしまうため、つけ続けることは難しいのですが、つけていくことで痛みも軽減し、外反母趾の角度も軽減していきます。


テーピングのやり方も教えていきますので、外反母趾にお悩みの方は是非ご相談ください。


関連エントリー

Home> こんな症状の方に > ashikubi > 外反母趾 指の痛み 足の痛み

Return to page top