Home> こんな症状の方に > knee > 変形性膝関節症 膝痛

変形性膝関節症 膝痛

変形性膝関節症は、中高齢者によく見られます。早い人だと30歳過ぎから徐々に関節の変形が始まり、40歳以上の人では約6割の人に関節の変形があるというデータもあります。それが進行すると軟骨が擦り減った状態になり、関節がぶつかるようになって関節炎を起こし、痛みを起こします。


一般的に女性に多く見られ、体重とも関係しています。体重が重い人ほど膝への負担は大きくかかっているのです。

また膝を動かす主な筋肉は太ももについています。膝を曲げる筋肉(ハムストリング)は太ももの裏側、膝を伸ばす筋肉(大腿四頭筋)は太ももの前側にあるのですが、一般的に大腿四頭筋のほうが筋力が弱くなりやすく、その結果筋力のアンバランスが生じていることがよく見られます。このアンバランスが膝関節に負担をかけてしまっていることもよく見られます。


また、過去に膝を怪我していることが関係することがあります。半月板の部分摘出をしている人は、膝関節内部でのクッションが少なくなり、関節同士が擦れ合う状態になっているため、変形性膝関節症になりやすいでしょう。今はほとんど行われていないようですが、以前は「半月板全摘出」という手術も行われていたようです。関節炎が起こりやすいため、現在はほとんど行われていないようです。



変形性膝関節症の主な症状

・膝の痛み

・体重がかかると膝が痛い

・階段の上り下りが痛い

・長時間歩けない

・膝を完全に曲げることが出来ないため、正座が出来ない

・朝などに膝のこわばりを感じることがある

・膝に水がたまり、腫れぼったくなる

・安静にしていても痛みがあることも



リガーレカイロプラクティックでは・・・


変形性膝関節症の場合、「関節の変形」を戻すことはできないが、多くの場合、痛みを緩和させることは可能です。変形性膝関節症の場合、関節が接近し関節内部での炎症が起こり、さらには癒着のようなことが見られるので、ゆっくりと関節に動きをつけていく治療を行います。炎症が見られる場合には、超音波などを用いて炎症をおさえます。また骨盤や股関節、足関節の状態が悪く、膝に負担をかけていることもありますので、全体的に治療していきます。

 

 

実際の症例

膝に血がたまり腫れ上がった(30代男性)

関連エントリー

Home> こんな症状の方に > knee > 変形性膝関節症 膝痛

Return to page top