Home> こんな症状の方に > kokansetu > 変形性股関節症

変形性股関節症

変形性股関節症は、何らかの原因で股関節が変形してしまい、股関節に痛みを訴えるものです。

股関節を滑らかに動かすために必要な関節軟骨が擦り減ってしまい、骨同士がぶつかり合うようになって関節面が擦り減り変形するのです。

 

多くの場合、生まれつきもっている股関節の障害から起こります。先天性股関節脱臼や先天性臼蓋形成不全といった股関節の障害から起こります。そのような生まれつきの障害がなくても、老化現象として起こることもあります。

 

変形性股関節症は女性に多く見られます。これは股関節の生まれつきの障害が女性に多いことや、筋力的に女性のほうが弱いため、関節自体に無理がかかりやすいことなどが考えられます。

 

変形性股関節症の主な症状

・股関節痛

・足の付け根の痛み

・お尻の痛みや太ももの痛み

・歩行時の痛み

・動き始めや朝の痛み

・足を引きずって歩く

など

 

リガーレカイロプラクティックでは・・・

カイロプラクティックで関節の変形を治すことはできませんが、痛みを軽減させることは可能なケースが多いです。カイロプラクティック治療で股関節の可動性をつけるような治療や、ストレッチなどを組み合わせて治療していきます。

関連エントリー

Home> こんな症状の方に > kokansetu > 変形性股関節症

Return to page top