Home> こんな症状の方に > kokansetu > グロインペイン症候群 足の付け根の痛み 股関節痛

グロインペイン症候群 足の付け根の痛み 股関節痛

グロインペイン症候群はサッカー選手に多い障害の一つで、股関節付近や足の付け根に痛みを起こします。引退した中田選手などにも起こった症状です。

主な症状としては、股関節付近が「蹴る」動作の際に痛みを起こします。原因としては股関節を動かす筋肉に炎症が起こっていたり、股関節自体を痛めていたり、恥骨結合という骨盤を支えている部分に炎症が起こることで痛みを起こします。股関節周囲に無理な力がかかったり、過剰な練習などで痛みを起こすことが多いようです。

 

蹴る動作を分析していくと、股関節の屈曲という動作が必要になります。

股関節を屈曲させる筋肉は、大腿直筋と大腰筋という筋肉です。これらの筋肉に大きな負担がかかり症状を起こしていることが多いようです。

 

カイロプラクティックの観点から見ていくと、以下のことがよく見られます。

①骨盤の捻れや腰椎の捻れ

骨盤が捻れていたり腰椎が捻れていることで、症状がある側の筋肉が緊張、短縮したような状態になっており、その状態で蹴り続けた結果、痛みを起こしている。

 

②股関節の可動性低下

股関節の柔軟性がない状態での蹴る動作によって、筋肉に過剰な力がかかり痛みを起こしている。

 

③蹴るときに軸となる足の安定性低下

蹴る動作において、軸足がしっかり安定していない状態で蹴り続けた結果、痛みを起こしている状態。極端な例ですが、硬い地面で蹴るのと、ぬかるんだ地面で蹴るのでは力の発揮が違うと思います。例えば足首が不安定で軸足がしっかり安定していない状態で蹴ることは、常にぬかるんだ地面で蹴っているのと同じような状態です。

 

リガーレカイロプラクティックでは・・・

カイロプラクティックでは、なぜ股関節付近に負担がかかったのかを分析しながら治療していきます。多くの場合、痛めている部分だけに着目して治療しても効果が上がりません。身体のバランスの中でどのようにして股関節付近に負担がかかってしまい、どのような状態になっているかを分析し治療を行います。

関連エントリー

Home> こんな症状の方に > kokansetu > グロインペイン症候群 足の付け根の痛み 股関節痛

Return to page top