Home> こんな症状の方に > kubikata > 肩こりや首の痛み

肩こりや首の痛み

首は頚椎には頚椎という骨があり、全部で7個あります。正常な状態では頚椎は前側に緩やかにカーブしており、これを前彎と呼んでいます。首の上に頭が乗っかっている状態なのですが、頭はボーリング玉と同じくらいの重さがあり、これを首が支えているわけです。首のカーブが少なくなってしまった状態では重たい頭をうまく支えることができず、疲れや痛みの原因となってしまいます。

 

頚椎を支えているのが首の筋肉です。首の筋肉は前後、左右でうまくバランスをとっています。最も多く見られるのは、頭が前に突き出た姿勢です。この状態では首の彎曲が少なくなってしまっていることが多く、さらに前後での首の筋力バランスがおかしくなっています。

 

肩の筋肉は肩甲骨についているものが多く、肩甲骨のバランスが関係します。肩が丸まって前に突き出た姿勢や、左右での肩の高さの違いなどによって肩こりが出ることがあります。

 

また、頚椎の間には椎間板というものが挟まっています。椎間板は頚椎を安定させ、クッションのような役割をするものです。レントゲンなどで「椎間板が薄い」と指摘されたことがある人もいるでしょう。このような場合、椎間板自体が痛みを出す場合と、椎間板が不安定になったために周囲の関節や筋肉などに負担がかかり痛みを起こす場合があります。

椎間板ヘルニアのような状態になっていると、首の痛みだけでなく手の痺れを起こしてしまいます。

 

慢性的なつらさから、事故や怪我による痛みまで様々ありますが、筋肉や関節の痛み、椎間板の痛みなど様々な問題にカイロプラクティックは有効です。

 

①肩こり

慢性的に肩がこっている。首がこっているなど。

 

②肩甲骨周りの張り

背中・肩甲骨内側が慢性的にこっているなど。

 

③頚椎ヘルニア

首の痛みや手の痺れが起こります。首を動かすと手の痺れが悪化することが多いです。

 

④寝違え、筋違い

朝起きたら首が回らない、突然首が痛くなったなど。

 

⑤ムチ打ち

交通事故や怪我により起こる首の痛み。

関連エントリー

Home> こんな症状の方に > kubikata > 肩こりや首の痛み

Return to page top