Home> こんな症状の方に > lbp > 脊柱管狭窄症 足の痺れ 腰痛

脊柱管狭窄症 足の痺れ 腰痛

脊柱管は背骨の中にあり、脊髄神経を守っている重要なトンネルです。脊柱管が何らかの原因で狭くなると、足の痛みや痺れを起こすことがあり、これを脊柱管狭窄症といいます。


脊柱管が狭くなる原因

・加齢(変形性関節症など)

・脊柱管内部の靭帯が、肥厚する

・脊椎分離症

などがあります。



脊柱管狭窄症の症状

・足の痺れや痛み(片足、もしくは両足)

・歩いていると痺れが悪化し、休むと痺れは軽くなる(間欠跛行といいます)

・腰を反らすと悪化し、前屈すると痺れが楽になることが多い

・痺れが強くなると、足の力が入れにくい

・排尿や排便のコントロールが出来なくなることがある(危険な兆候で、カイロプラクティックの適応外です)



リガーレカイロプラクティックでは・・・


脊柱管狭窄症では腰を反らすと悪化し、前屈すると楽になるという特徴的な病態があります。これは腰を反らすと脊柱管は狭くなり神経への圧迫が強くなるためで、前屈すると脊柱管は広がります。

当院では脊柱管を広げるために前屈方向へのストレッチや緩和操作を行っていきます。必要に応じて関節の調整も行います。

変形性の問題が強い場合、完全にとりきることは難しいこともありますが、かなり症状を緩和させることは可能なケースが多いです。脊柱管狭窄症にお悩みの方は是非ご相談ください。

関連エントリー

Home> こんな症状の方に > lbp > 脊柱管狭窄症 足の痺れ 腰痛

Return to page top