Home> こんな症状の方に > lbp > 坐骨神経痛 足の痺れ

坐骨神経痛 足の痺れ

坐骨神経は腰椎の下部から出て、お尻を通り、足に向かう神経です。坐骨神経はほかの神経に比べて太い神経で、子供の小指くらいの太さがあります。

坐骨神経痛は、坐骨神経がどこかで圧迫されて起こる症状です。坐骨神経に沿って痛みが走るため、多くの場合はお尻から足のほうへ痛みが走ります。
 

坐骨神経痛でよくある訴え

・お尻から足のほうへ痛みや痺れ

・電流が流れるような痛み・痺れ

・ピリピリした痛み・痺れ

・重だるいような痛み・痺れ

・じわじわとした痺れが出てくる


などがあります。


坐骨神経痛の原因となるものは次のものです

梨状筋症候群


お尻にある梨状筋という筋肉が緊張することで、坐骨神経を圧迫してしまう症状。

 


椎間板ヘルニア


腰椎の下部に椎間板ヘルニアがある場合、神経を圧迫し足の痛みや痺れを起こします。

 


脊柱管狭窄症


脊柱管というのは、脊髄神経を守っているトンネルです。ここが何らかの原因で狭くなると、足に痛みや痺れを起こします。

 


椎間関節症・筋筋膜痛症候群


腰の関節や筋肉に問題があると、関連痛という痛みや痺れを足のほうに起こします。これは厳密には坐骨神経を圧迫していないので坐骨神経痛ではないのですが、坐骨神経痛と同じような症状が現れるので、症状としては似ています。

 

 


リガーレカイロプラクティックでは・・・


坐骨神経痛の治療には、原因をしっかり見極めることが必要です。原因によって治療方法・治療に必要な期間(治療回数)が全く違うので、問診・検査で状態の確認を行います。

坐骨神経痛を持っている方の多くは、歩行に障害が出てしまい、日常生活で不自由な思いをしていらっしゃることでしょう。坐骨神経痛でいらっしゃる方には、整形外科・整骨院などであまりよくならず、最終手段でカイロプラクティックに来る方が多いようです。きちんと原因を見極めればよくなることが多い症状ですので、お困りの方は是非ご相談ください。


 

実際の症例

腰が重い感じと左足が一日中痺れている(30代女性)

ランニング後に臀部に痛み、坐骨神経痛を生じ走るのがつらい(40代女性)

1ヶ月前から腰、右お尻、右足の鈍い痛みと痺れ(30代男性)

関連エントリー

Home> こんな症状の方に > lbp > 坐骨神経痛 足の痺れ

Return to page top