Home> こんな症状の方に > teshibire > 変形性頚椎症 首の痛み 手の痺れ 腕の痺れ

変形性頚椎症 首の痛み 手の痺れ 腕の痺れ

頚椎の変形症は中高齢者によく見られる症状の一つです。頚椎は重たい頭を支えている、とても負担が大きな場所です。頭の重さはボーリング玉と同じくらいあるといわれています。頭の重みをうまく分散できていないと、クッションの役割をしている椎間板が薄くなります。その結果頚椎の関節同士がぶつかり合い、関節の変形が始まります。


頚椎の変形が起こるには、頚椎の彎曲が関わっていると考えられています。頚椎は正常であれば緩やかに前側にカーブしています(これを前彎と言います)。このカーブによって頭の重みを分散させているのですが、首がまっすぐになったり(ストレートネック)、逆に首が後彎してしまうことで負担がかかり、変形性頚椎症の原因となってしまうのです。


関節の変形が進行し、骨棘という「骨のトゲ」が出来てしまうと、それが神経に当たって腕や手に痛みや痺れを起こすこともあります。このような場合、首に重力がかかっている時(起きているとき、夕方から夜など)に痺れが起こりやすいですが、寝ているときなど首の負担が小さいときには痺れは治まることが多いようです。



変形性頚椎症の主な症状

・首の痛み

・肩こり

・手や腕の痺れ

・首を後ろに反らしたり、横に曲げたりすると症状が悪化する

・咳やくしゃみで痛みや痺れが出ることがある



リガーレカイロプラクティックでは・・・


頚椎の変形を元に戻すことは出来ないが、痛みや痺れなどの症状を改善させることは可能だと考えています。変形性頚椎症の場合、頚椎の前彎が減少していることが多く、頚椎の彎曲を取り戻すと同時に、頚椎の可動性をつけていく治療を行うことで症状は軽減してきます。

頚椎の前彎が減少している人の多くは、頭が前に出た悪い姿勢を取っています。このような姿勢が身についてしまっている場合には、背中や骨盤など全体的に治療していくと改善が早くなります

関連エントリー

Home> こんな症状の方に > teshibire > 変形性頚椎症 首の痛み 手の痺れ 腕の痺れ

Return to page top