Home> こんな症状の方に > teshibire > 手根管症候群 手の痺れ

手根管症候群 手の痺れ

手根管は手首(手のひら側)にあり、神経の通り道となっているトンネル状の構造です。

手根管が何らかの原因で狭くなると、神経を圧迫し痺れや痛みが起こります。この症状を手根管症候群といいます。


手根管症候群の原因となるもの

・手の酷使(パソコン作業、家事、大工などの重労働者など)

・骨折などの怪我

・妊娠

・人工透析

・閉経

・糖尿病

・甲状腺機能低下症



手を酷使している人は、過剰使用により手首の筋肉や骨格に問題が起こり、手根管が狭くなる原因となってしまいます。また、妊娠によるむくみ、人工透析によるアミロイド沈着、閉経によるホルモンバランスの変化などによっても手根管が狭くなることがあり、手根管症候群の原因となってしまうことがあります。手根管症候群は女性に多く見られます。


手根管症候群の主な症状

・親指から薬指までの痺れ

・片手だけのこともあれば、両手に症状が現れることもある

・朝、目を覚ましたときに痺れが強い

・ひどくなると、痺れで夜中睡眠中に痺れや痛みで目を覚ますこともある

・手の筋肉が衰えてきて、力が入りにくくなることがある



リガーレカイロプラクティックでは・・・


手根管症候群の方の多くは、手首付近の関節の問題が見られます。手首には手根骨という小さな豆のような骨が8つあり、それが手のひら側に変位していることによって手根管が狭くなってしまっていることがよくみられます。

手根管を広げるように治療し、炎症を起こしている部分には超音波を用いることで改善が見られるでしょう。手根管を広げるようなテーピングが有効なケースが多く、補助療法としてテーピングも行っています。

関連エントリー

Home> こんな症状の方に > teshibire > 手根管症候群 手の痺れ

Return to page top