Home> こんな症状の方に > teshibire > 胸郭出口症候群 肩こり 手の痺れ 腕の痺れ

胸郭出口症候群 肩こり 手の痺れ 腕の痺れ

 「胸郭出口」というのは、鎖骨のあたりで手に向かう神経や血管が通るトンネルのことです。ここで神経や血管が圧迫されると手にしびれを起こすことがあり、これを胸郭出口症候群といいます。


胸郭出口症候群にはいくつかのタイプがあります

①小胸筋症候群(別名 過剰外転症候群)


小胸筋という、鎖骨のやや下にある筋肉が緊張することによって、手に向かっている神経や血管を圧迫してしまった状態。この筋肉の機能は肩を前に出すことなので、肩が前に出ている「猫背」の方は、この筋肉が固まっていることがよく見られます。肩こりとも関係します。


②肋鎖症候群


肋骨と鎖骨の間が狭くなると、ここを通る神経や血管を圧迫してしまう状態。過去に肋骨骨折をしている人に時々見られる。


③斜角筋症候群


首の横についている斜角筋が緊張することによって、神経や血管を圧迫してしまう状態。斜角筋は前斜角筋、中斜角筋、後斜角筋の三つに分かれており、前斜角筋と中斜角筋の間を神経や血管が走っています。首が前に突き出たような姿勢の方は、この筋肉が固まってしまっている傾向が強いです。肩こりや首のコリが強い人に多く見られる症状です。


④頚肋症候群


肋骨は本来、胸椎についているものです。胸椎の横に左右対になっています。まれに奇形で、頚椎にも肋骨がついていることがあり、頚椎についている肋骨が神経を刺激してしまうことがあります。この状態を頚肋症候群といいます。



胸郭出口症候群の症状

・手の痺れ

・腕の痺れ

・手や腕の力が入りにくい(脱力感)、疲れやすい

・電車のつり革につかまる動作、長時間のデスクワーク首を動かしたときなどに痺れが悪化することがある

・指先などに冷えを感じることもある

・肩こり持ちの人に多い



リガーレカイロプラクティックでは・・・


原因によって治療は異なりますが、共通しているのは筋肉の緊張を緩め、神経や血管の通り道を広げてあげることです。首や鎖骨の動きが悪くなっていることも多く見られ、動きを改善させる治療も行います。斜角筋や小胸筋を緩める治療を行うと同時に、自宅でも筋肉に対するストレッチを行ってもらうことで早く回復することができます。

 


実際の症例

①50代会社役員 左肩、左腕と肘の激痛のため夜も眠れない・・・

一年前から胸郭出口症候群で右腕が痺れている(40代男性)

関連エントリー

Home> こんな症状の方に > teshibire > 胸郭出口症候群 肩こり 手の痺れ 腕の痺れ

Return to page top