Home> リガーレ・カイロの症例報告集>背中と腰の痛みで前屈みができない。(20代後半女性)


背中と腰の痛みで前屈みができない。(20代後半女性)

■2014/04/24 背中と腰の痛みで前屈みができない。(20代後半女性)
元々、腰の痛みがあり、寝返りを打つのもしんどこうなったり、固いところで寝ていたりすると腰が痛くて急には起き上がれなくなってしまうような状態であっ た。1ヶ月ほど前からふとしたときに、前屈すると背中から腰にかけ、骨と肉が当たるような痛みが出始め、徐々に痛みが増してきた。1ヶ月経過してもなかな か改善する兆しがみられないため、友人の紹介でリガーレ・カイロプラクティック横浜に来院。
<初診時の状態>
・立位での前屈で背中~腰にかけて痛みが生じる。
・座位での前屈は、立っているときよりも痛みが生じにくい。
・骨盤ベルトを着用してもらい、再度立位で前屈してもらったところ、痛みが半減以上に

<経過>
・骨盤が緩くなっていることで、腰が不安定な状態となり、筋肉に痛みが生じているものと判断し、施術を行っていった。
・1回目の施術で前屈時の痛みは、7割減(3/10)。骨盤ベルトの着用で痛みはほぼ消失。
・骨盤ベルトを購入してもらい、1週間ベルトを着用して過ごしてもらい、骨盤を安定させるよう指示。

・1週間後に2回目の施術。
前屈での痛みは初診時と比べ、2/10に。臀筋群の緊張はまだまだ高い状態にあったため、骨盤が開きやすい状態にあり、ベルトは継続して着用してもらうようにしてもらった。

・1週間後に3回目の施術。
前屈での痛みは消失。臀部・胸腰部の緊張も落ち着いてきていた。


<担当 日野>
股関節がとても柔らかい方でした。体が柔らかい人は、関節も柔らかいため、骨盤が不安定になりやすい傾向があります。骨盤が不安定になってくると安定させようと臀部の筋肉や腰周辺の筋肉が常に緊張状態が高い状態になってしまい、腰や骨盤の動きが制限されてしまいます。
この方の場合、腰だけでなく、背中にまで範囲が広がってしまっているような状態でした。

すぐに、骨盤の不安定性からくる症状と判断でき、早期回復して良かったです。

筋肉の緩め方や矯正の方向を間違えてしまうと、逆に骨盤が不安定になってしまい、症状が悪化してしまうこともあります。

背中や腰の痛みで、カイロプラクティックを受ける場合、しっかりと検査をして治療を行ってくれるところで受けるようにしましょう。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
リガーレ・カイロプラクティック
http://www.ligare-chiro.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:横浜市西区南幸2-16-20 YKビル4F
TEL:045-313-9886
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/BHI9
Twitter:http://p.tl/wq96
mixi:http://p.tl/__az
アメブロ:http://p.tl/TRdT
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

Home> リガーレ・カイロの症例報告集>背中と腰の痛みで前屈みができない。(20代後半女性)

Return to page top