Home> リガーレ・カイロの症例報告集>足を着くとかかとが痛い(30代女性)


足を着くとかかとが痛い(30代女性)

■2014/05/10 足を着くとかかとが痛い(30代女性)
1週間前から歩くときに踵を着くと痛みがある。同時に踵から土踏まず周囲の腫れが出てきた。特に朝方の動作時に痛みが出やすい。湿布薬やインソールを使用して対応してみたが症状の変化なし。立ち仕事が長く一日8時間は立っている。また、仕事で使用するスニーカーが右足のみエアーが破れ消耗している。症状の改善がないためリガーレカイロプラクティックに来院。
初回の状態
・右足内側アーチ近位部から踵骨周囲の腫れ
・上記部位への押圧にて圧痛あるも圧痛部位は深部
・歩行動作で踵が地面着くと痛みが誘発
・骨盤の歪みがあり身体全体が右後方へ捻れている
 
1回目:
足底についている筋肉のテンションが高く緊張していたのでこの筋肉をしっかりとリリースしていきました。また、右足への負荷が強まっていることを考え骨盤、体幹の関節変位を強制。足の筋肉は気をつけても常に負荷のかかる部位のため負荷の軽減のためテーピングを使用。施術後は少し軽減するのみに留まる。
 
2回目(4日後):
前回施術後、症状軽減はわずかだったが次の日から7割減していた様子。その後も増悪ないが残り30%が続く。
 
3回目(2週間後):
朝の痛みは消失。歩くと違和感あり、押されるような感覚がある。アキレス腱のセルフストレッチを指導
 
4回目(3週間後):
日常生活では痛みでない。長時間歩くことがあると、主訴部分を押したくなる感じがある。ストレッチを行えている様子のためメンテナンスに移行。
 


担当 横田のコメント
本症例では踵を着いたときの痛みと言うことから足底腱膜の炎症症状の様子でした。特に朝の症状が強かったことからも腱の柔軟性が低下していたことがわかります。今回は柔軟性が低下していた腱のストレッチと右側への負荷を改善できるように姿勢の矯正を行なっていきました。
 
痛みは取れたものの長時間の歩行では違和感が残っています。これは筋肉、靭帯だけの問題でなく骨への慢性的な牽引力による踵の変性が可能性としてあがります。
 
何が原因で症状が起きているのか原因を探して原因に対しアプローチすることが大事になってきます。カイロプラクティックでは、しっかりと原因を究明していきます。足の痛みで悩んでいる方はご相談ください。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
リガーレ・カイロプラクティック
http://www.ligare-chiro.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:横浜市西区南幸2-16-20 YKビル4F
TEL:045-313-9886
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/BHI9
Twitter:http://p.tl/wq96
mixi:http://p.tl/__az
アメブロ:http://p.tl/TRdT
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

Home> リガーレ・カイロの症例報告集>足を着くとかかとが痛い(30代女性)

Return to page top