Home> リガーレ・カイロの症例報告集>変形性股関節症による右股関節の痛み(50代女性)


変形性股関節症による右股関節の痛み(50代女性)

■2014/05/11 変形性股関節症による右股関節の痛み(50代女性)
変形性股関節症による右股関節の痛み(50代女性)
15年ほど前に出産をし、産後数ヶ月で引越しをした際、右の股関節に痛みが生じ始めたのがきっかけで、常に股関節や足の付根が痛い状態である。そのころに整形外科でレントゲンを撮り、変形性股関節症であると言われた。
 
最近では、階段の登り降りがきつくなり、膝も痛むようになってきた。医者では手術も勧められている。
だんなさんがリガーレ・カイロプラクティックへ来院したことがあり、紹介で来院した。
<初回の状態>
股関節可動域、屈曲で60°程度で痛み、股関節につまり感。
開脚はできない。
X線で右股関節がつまっているのが確認できた。
 
hipjtdjd.jpg
 
<経過>
1回目の施術
股関節の動きを調整。腸腰筋、大腿筋膜張筋が特に緊張状態が高かったため、念入りに緊張を緩めていった。
 
1回目の施術後、股関節・膝の痛みが軽減し、3日ほど楽に過ごせたとのこと。
 
2回目の施術
同様の施術にプラスして、関節の可動を滑らかにしていくよう、股関節に対し関節モビリゼーションをしっかりと行なっていった。
 
3回目の施術後
階段の登り降りが楽になってきたとのこと。日常生活でも痛みを感じることがなくなってきた。
膝の痛みはほとんどない。
 
現在、継続して2~3週に1度の頻度で調整している。
 
 
 
担当 日野 コメント
レントゲン上でも変形が確認されたため、どこまで痛みが軽減するか、可動域がどこまで改善していくのか、予想ができませんでしたが、予想に反し、数回の施術で痛みの軽減、可動域も改善していったので、こちらとしても嬉しい限りでした。
 
変形性股関節症はとてもむずかしい疾患ですが、痛みの軽減や可動域の改善も見込めるものだと感じた症例でした。
ただ、変形性股関節症は進行していく疾患のため、継続して現状を維持していくことが大切です。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
リガーレ・カイロプラクティック
http://www.ligare-chiro.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:横浜市西区南幸2-16-20 YKビル4F
TEL:045-313-9886
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/BHI9
Twitter:http://p.tl/wq96
mixi:http://p.tl/__az
アメブロ:http://p.tl/TRdT
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

Home> リガーレ・カイロの症例報告集>変形性股関節症による右股関節の痛み(50代女性)

Return to page top