Home> リガーレ・カイロの症例報告集>脊柱管狭窄症と診断、足の痺れが出ている(50代男性 横浜)


脊柱管狭窄症と診断、足の痺れが出ている(50代男性 横浜)

■2014/05/21 脊柱管狭窄症と診断、足の痺れが出ている(50代男性 横浜)
一ヶ月前くらいから右足の痺れが出てきた。特に思い当たるきっかけはない。歩いていると痺れが出てきて、座っていると痺れはでない。だいたい100メートル弱で痺れが出てきて歩くことができなくなるが、座って休むと痺れが治まる。右臀部にも痛みがある。鍼灸を試したが、全く変化はなく、友人にカイロプラクティックを薦められてリガーレカイロプラクティックに来院した。
<初診時状態>
・立った状態での可動域検査では、屈曲や伸展動作での痛みはない
・座った状態で腰を反らすと、右の背中から腰にかけての筋肉が痛い
・座った状態で腰を反らしながら右に身体を傾けていくと、右臀部に痛み
・足上げ検査(SLR)では、左側を上げていくと最終域で右臀部に痛みがでるが、左股関節を圧迫すると痛みは出なくなる
・姿勢が左側に偏っている
・お尻の筋肉を押すと、足先まで痺れるような痛みが出る
 
<経過>
初診時は右臀部の筋肉の張りをしっかり取るように治療した。治療後は足の運びがスムーズになった。痺れは日常生活で様子を見てもらうことに。
2日目は5日後に来院。足の痺れは変化なし。継続して治療を行う。
3回目は1週間後に来院。少しよくなった気もするが、やはり痺れが出る。右背中の筋肉のストレッチを追加し、右背中の張りを取ることに重点をおき治療。
4回目は1週間後に来院。ここ数日調子がいい。横浜駅から当院まで歩いても問題なし。
5回目来院時、長時間歩いてもそれほど痺れは出なかった。少しづつ治療間隔を空けて様子を見ることに。
 
担当 小幡コメント
お尻の筋肉が固まっていることが問題だと考え治療を行いましたが、それでは足の痺れに変化が出なかったため、背中の張りをとる治療に切り替えたところ、足の痺れが出なくなりました。
右側の背中に強い張りがあり、見た目でもそこだけ盛り上がっている状態で、そこをストレッチするように身体を左斜め前に倒すようにストレッチしたのが効果的でした。当初は身体が大きく左側に傾いていたため、それを戻す方向の右斜め前に身体を倒すストレッチをしたのですが、それをすると右背中がつってしまう状態でした。そのため、筋肉を手で緩めたあと、左斜め前に身体を倒すストレッチを行ったのですが、それにより右背中の張りが消失し、足の痺れ自体も出なくなっていきました。
 
おそらく、脊柱管狭窄症自体の症状というよりも、背中の筋肉のトリガーポイント(筋肉のコリによりほかの場所に痺れが出る状態)だったのかもしれません。
脊柱管狭窄症と診断されても改善できる可能性は十分ありますので、お悩みの方は是非ご相談ください。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
リガーレ・カイロプラクティック
http://www.ligare-chiro.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:横浜市西区南幸2-16-20 YKビル4F
TEL:045-313-9886
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/BHI9
Twitter:http://p.tl/wq96
mixi:http://p.tl/__az
アメブロ:http://p.tl/TRdT
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

Home> リガーレ・カイロの症例報告集>脊柱管狭窄症と診断、足の痺れが出ている(50代男性 横浜)

Return to page top