Home> リガーレ・カイロの症例報告集>椎間板ヘルニア。一ヶ月前から左足に痺れ(50代男性 神奈川)


椎間板ヘルニア。一ヶ月前から左足に痺れ(50代男性 神奈川)

■2014/05/21 椎間板ヘルニア。一ヶ月前から左足に痺れ(50代男性 神奈川)
約一ヶ月前から左足に痺れが出るようになった。特に思い当たる原因はないが、昨年にも同じような症状がでて、自然によくなったことがある。今回はビッコを引くくらいになったため、整形外科を受診したところ椎間板ヘルニアと診断され、鎮痛薬を処方された。リハビリは行っていない。痺れは歩いているときにでてきて、それ以外のときはそれほど気にならない。朝は比較的調子いいが、夕方夜のほうが調子悪い。状態はよくならず、椎間板ヘルニアにはカイロプラクティックが有効だという話を聞いて、知人の紹介でリガーレ・カイロプラクティックへ来院。
<初診時状態>
・左の臀部、股関節付近から、太もも前、膝の辺りまで痺れがある
・立った状態で身体を前屈、後屈してもらったところ、痺れは出てこない
・坐骨神経や大腿神経を引っ張る操作をしても、痺れはでてこない
・身体を左に傾ける動作をすると、左膝の辺りに痺れがでる
 
<経過>
椎間板の症状よりも股関節を動かす筋肉の問題が顕著に出ていたので、そちらを治療することにした。
初回は臀部の筋肉(小殿と、股関節の横の筋肉(大腿筋膜張筋)を緩めるストレッチをメインに行い、姿勢的な歪みを取るために腰椎、骨盤へ矯正。治療後歩いてもらったところ、軽くなった感じ。
2回目は5日後に来院。翌日筋肉痛が出た。症状自体は元の状態の80%くらい。脊柱起立筋のストレッチを行い、膝自体にも問題があったため膝の治療も平行して行った。
3回目は5日後に来院。前回治療後翌日に痺れが消えた。膝周りの張りが残るため、最初の状態を10とすると現在は2くらい。継続して治療を行い、少し治療間隔を空けてみて様子を見ることに。
 
担当 小幡コメント
椎間板ヘルニアと診断されたようですが、症状自体はヘルニアとはあまり関係なさそうでしたので、硬くなった筋肉を緩めれば症状自体は寛解できると考え治療を行いました。特に関わっていると考えられたのは、大腿筋膜張筋という、骨盤の横についている筋肉の筋膜痛でした。そのためこの筋肉に負担をかけていると考えられる要素をピックアップして治療を行ったところ、痺れもなくなりました。
 
椎間板ヘルニアと診断されていても、症状自体は椎間板ヘルニアと関係がないこともあります。足の痺れにはカイロプラクティックを是非。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
リガーレ・カイロプラクティック
http://www.ligare-chiro.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:横浜市西区南幸2-16-20 YKビル4F
TEL:045-313-9886
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/BHI9
Twitter:http://p.tl/wq96
mixi:http://p.tl/__az
アメブロ:http://p.tl/TRdT
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

Home> リガーレ・カイロの症例報告集>椎間板ヘルニア。一ヶ月前から左足に痺れ(50代男性 神奈川)

Return to page top