Home> リガーレ・カイロの症例報告集>腰痛と、両足に痺れるような感覚がある(20代男性 神奈川)


腰痛と、両足に痺れるような感覚がある(20代男性 神奈川)

■2014/05/26 腰痛と、両足に痺れるような感覚がある(20代男性 神奈川)
8年前くらいから、座っていたりじっと立っていると腰が固くなるような感覚と、両足が痺れるような感覚があった。だましだまし生活してきたが、ここ数日朝起きると腰が固まっている感じが強く、さらに座っていると両足が痺れるような、張っているような感覚がある。整形外科に行ったり、整骨院にいったりしたが良くならなかった。今回はしっかり治したいと思い、リガーレ・カイロプラクティック横浜に来院した。
<初診時状態>
・姿勢を見ると、骨盤が過剰に前傾しており、腰部のカーブ(前彎)が強くなっている
・前屈と後屈で痛みがある
・神経伸張テスト(SLR)では痛みや痺れは出てこない
 
<経過>
腰部の前彎が強いために腰に負担がかかっているのと、ハムストリングという太腿の裏の筋肉が固いことが原因と考え治療を行った。
初回は足周りの筋肉を緩め、腰の前彎を戻すように治療を行ったところ、前屈の痛みは60%程度軽減。
2回目(6日後)。少し良くなった。継続して治療するとともに、大腰筋というおなかの奥の筋肉を入念にアプローチ。
3回目(1週間後)。腰は良くなったが、座っているとお尻が痛くなる。大腰筋をさらにしっかり調整するとともに、左右の骨盤のブレを戻すため骨盤横の筋肉をしっかりアプローチ。
4回目(1週間後)。前よりも長く座っていられるようになった。骨盤を支えている靭帯へアプローチ。
5回目(1週間後)。同じくらい。大腰筋が付着する股関節へのアプローチを追加。
6回目(1週間後)。調子がいい。
1週間調子がよかったので、治療間隔を少し空けてみて様子をみることに。
 
担当 コメント
最初、腰痛+両足の痺れだったので症状は重かったのですが、神経を圧迫している痺れではなく、筋肉が固くなりすぎたことによる筋肉痛の痺れだったので比較的回復は早かったです。途中から症状が変わり、お尻の痛みが続いたのですが、股関節と大腰筋へのアプローチをしっかりやったところ、症状は取れていきました。
この方は腰のカーブが強くなりすぎていたのですが、大腰筋という、おなかの奥の筋肉が関わっていました。
 
長年続いた症状のほうが、取れるまでに時間がかかるケースが多いです。今回は比較的早く取れましたが、おかしいなと思ったら早めにカイロプラクティックを受けることが重要です。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
リガーレ・カイロプラクティック
http://www.ligare-chiro.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:横浜市西区南幸2-16-20 YKビル4F
TEL:045-313-9886
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/BHI9
Twitter:http://p.tl/wq96
mixi:http://p.tl/__az
アメブロ:http://p.tl/TRdT
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

Home> リガーレ・カイロの症例報告集>腰痛と、両足に痺れるような感覚がある(20代男性 神奈川)

Return to page top