Home> リガーレ・カイロの症例報告集>左足外側の痛み 50代女性(横浜市在住)


左足外側の痛み 50代女性(横浜市在住)

■2014/09/06 左足外側の痛み 50代女性(横浜市在住)
数週間前から左足外側が歩くとズキズキ痛み、保育士をしているが仕事にも支障が出てくるのでリガーレに来院。

<初回の状態>
姿勢頭部が前方移動
左重心
足の痛みがあり両膝を軽く曲げていないと
立つのが辛い

両足の筋肉の緊張が高い
骨盤まわり、腰回りの筋肉の緊張も高い

『初回の治療』
下半身の筋肉はいずれも緊張があり、立位体前屈をしてもほとんど曲がらない状態。
そのため、動きをつけ可動性を上げていかないとこわばった筋肉は動かないと判断。まず、下半身全体の筋肉を緩める。
また、股関節はそらす方向への動きが制限されているため、重点的にそちらの方向へ矯正する。
1週間間隔を開け状態をみる。

『2回目治療』
前回の治療後、痛みは少し下がるが1週間もすると元の痛みに戻る。
本日は骨盤の仙腸関節へも矯正を入れる。
再度、1週間開ける。

『3回目』
前回から3週間あいたが、左足外側の痛みはほとんど気にならない。
引き続き、2回目と同じ治療を行う。

<担当者中舘コメント>
左足だけでなくこの方は腰と臀部の筋肉の緊張がとても高かったです。
そうすると関節の動ける範囲は狭まり、結果それについっている筋肉もより動けなくんるという悪循環におちいります。
保育士という仕事柄前かがみになる姿勢も多いとのことで、より腰に負担をかける結果となり左重心なことも重なって左足に症状が出たと考えます。
日々、身体のメンテナンスを行えばこういった症状も抑えられる可能性が高まりますが、やはり症状がでるとその痛みを回避したいので痛みのない方向と元々の身体のクセで動きやすい方向にしか動けません。そして更に歪みを強める結果となるため、まず動きづらくなった筋肉と関節を動かしてからアクティブな運動をされることが身体にとっても最良です。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
リガーレ・カイロプラクティック
http://www.ligare-chiro.com/
リガーレ・ウェルネスケアセンター
http://www.ligare-wellnesscarecenter.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:横浜市西区南幸2-16-20 YKビル4F
TEL:045-313-9886
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/BHI9
Twitter:http://p.tl/wq96
mixi:http://p.tl/__az
アメブロ:http://p.tl/TRdT
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

Home> リガーレ・カイロの症例報告集>左足外側の痛み 50代女性(横浜市在住)

Return to page top