Home>  症例報告 > 手首の痛み > 育児による手首の痛み 29歳 主婦 横浜市在住

育児による手首の痛み 29歳 主婦 横浜市在住

<初回の状態>

第一子を4か月前に出産してから発症した。特に転んだりケガをしたわけではないが、はじめは右手首の違和感が徐々に痛みになり、今では日常生活に大きな支障が出ている。ここ数日、右手をかばって使いすぎたためか左の手首も同様に痛くなり始めた。整形外科を受診すると腱鞘炎と言われ、あまり使いすぎないようにと言われ湿布をもらった。しかし使いすぎるなと言っても現実には難しく、湿布も気休め程度の効果しかない状態が続く。過去に骨折などはなく、手首以外には症状はない。

ママ友がカイロプラクティックを受けて産後の腰痛がなくなったと聞き、自分も受けてみようと思った。近くで調べたら、横浜駅近くにあるリガーレカイロプラクティック横浜を見つけた。


<検査結果>

・フィンケルシュタインテストにて症状を誘発
・長母指屈筋腱に圧痛、筋腹にトリガーポイント
・手根骨の可動制限


<施術後の変化>

5週間で6回のカイロプラクティックケアにより症状は8割改善。たまに手首の痛みが出る時もあるが、生活には支障はない。


<担当:坂西のコメント>

使い過ぎによる手首の痛みの代表例は、この方が診断された様に腱鞘炎です。主には手や指を使う時に痛みが出ますが、炎症が強くなると何もしていなくても痛みがあります。痛みが強い炎症期にアイシング、肘~手首~指の関節の調整、腱や筋肉にある癒着へのアプローチをすることで改善していきました。またこの方の場合、育児からの負担だけでなく、実はスマホをたくさん使われていましたので、ゲームなどは控えて必要最低限の使用をお願いしました。

産後にはホルモンの関係と家事+育児で腱鞘炎になるというのが一般的ですが、最近ではスマホの使い過ぎだけでも手首の痛みは起こります。日常の負担をできる範囲で減らし、きちんと状態を見極めてアプローチすれば、腱鞘炎の多くは改善します。

なかなか治らない手首の痛みでカイロプラクティックや整体をお探しなら、横浜駅近くにあるリガーレカイロプラクティック横浜へお気軽にお問い合わせください。

Home>  症例報告 > 手首の痛み > 育児による手首の痛み 29歳 主婦 横浜市在住


Search
Feeds
新宿 整体 口コミ
Links

Return to page top