Home > 症例(偏頭痛) > 40代女性:薬を飲んでも治まらない激しい偏頭痛。頭痛外来で問題なし。

40代女性:薬を飲んでも治まらない激しい偏頭痛。頭痛外来で問題なし。

1週間前から首にこり感が生じ、徐々に後頭部にも痛みを感じ始めた。眠れば症状は治まるかと思ったが、一向に治まらず、市販の頭痛薬を飲んでみても変化が ない。外耳炎もあったため、そこから来ているとかもしれないと思い、耳鼻科へいき、問題ないといわれ、その後頭痛外来のある脳神経外科でMRIを撮ったが、そこでも大き な問題はないと言われた。家族がリガーレに通院していて、首のこりから来ているはずだから、一度言ってみなさいといわれ、リガーレカイロプラクティックに 来院。
<初診時の状態>
症状は左側のみ。
後頭部に拍動性の頭の痛み、首のコリ・張り感。
1週間経過しても症状は治っていない
寝ても変わらない
痛みで睡眠も取れない状態
薬も効果がない
歩くとズキンズキンと痛みが脳天に響く
首を動かすとズキンと痛みが走る、特に左に首を傾けるのがつらい状態。

<経過>
1回目の施術後、痛みの度合い10→7に軽減したが、エレベータを降りて、少し歩いただけで、すぐに痛みが戻ってきてしまった。
しかし、その晩はよく眠ることができ、翌朝痛みの度合いが10→5へと半減していた。
また、首を動かしたりしても響く痛みがかなり軽減し、首を回したりすることもできるようになった。
試しに薬を飲んでみると今まで効果のなかった頭痛薬がとってもよく効き、症状は日に日に改善していった。

3日後に予約していたが、都合が悪く来院できず、7日後に2回目の施術を行った。
来院時はほとんど頭痛はなく、首の張り感が残っている程度であった。
首の張りを取っていく調整と肩甲骨周りをほぐし、治療を終了にした。

<担当 日野コメント>

症状の出ている左の首から後頭部にかけてのコリがひどく、右に比べて左の筋肉がしこりっぽくなっている状態でした。寝違えのような状態になっているだけでなく、身体が硬く、肩の可動域も狭くなり、首に負担をかけやすい状態になっていました。

聞くと昨年からデスクワークを始め、仕事で下向き加減になることが多くなっていたため、疲れがたまって、一気に症状が出たのかもしれないとのことでした。

強い拍動性の頭痛を取っていくのは至難のわざです。拍動性の頭痛を引き起こしている場合、神経や血管が過敏になっていることで症状が出ていることが多いため、その場で症状が軽減してもすぐにもとに戻ってしまう傾向があります。

ただ、筋肉の緊張を取っていくことで、圧迫されていた神経や血管が正常に働けるようになるため、翌日から徐々に痛みが引いていき、痛み止めも効果が出やすくなるようです。


筋肉の硬さは様々な症状を引き起こす原因となります。
今回のケースでは、特に肩の可動域が狭く、首の動きを制限していたように感じられました。
普段から肩周辺の柔軟性を確保しておくことは重要ですね。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.ligare-chiro.com/mt/mt-tb.cgi/926
Listed below are links to weblogs that reference
40代女性:薬を飲んでも治まらない激しい偏頭痛。頭痛外来で問題なし。 from 頭痛外来へ行っても改善しない片頭痛・筋緊張性頭痛について

Home > 症例(偏頭痛) > 40代女性:薬を飲んでも治まらない激しい偏頭痛。頭痛外来で問題なし。

Search
Links

Return to page top