Home > 偏頭痛について Archive

偏頭痛について Archive

片頭痛・偏頭痛(血管性頭痛)の原因とカイロプラクティック治療

片頭痛・偏頭痛(血管性頭痛)の原因

偏頭痛は血管性頭痛と呼ばれ、血管の拍動、ズキンズキンやガンガンするといった表現で頭が割れるように痛むような頭痛です。

偏頭痛の症状は

  • ズッキンズッキンと脈に合わせた痛み
  • 頭の片側だけのこともあれば、両側が痛むこともある
  • 女性に多い(男性の約4倍)
  • 一回の頭痛は、数時間~3日くらい続く
  • 頭痛に伴って、気持ち悪さや吐き気、嘔吐を伴うことがある
  • 頭痛の「前触れ」が起こることがある。光・音・においなどに過敏になったり、目の前がチカチカするなど
  • ストレス、疲労、飲酒、気候の変化、月経前後、喫煙などで悪化する


偏頭痛の痛みは、血管の痛みと言われています。血管が何らかの原因で過剰に収縮し、収縮状態から広がるときに痛みを起こすと言われています。従って、血管の拍動に合わせて「ズッキンズッキン」と痛むのです。


血管は、自律神経の働きによって支配されていて、律神経のコントロールが出来ていないと偏頭痛を起こしやすくなるのです。

自律神経には、交感神経と副交感神経があります。交感神経と副交感神経は正反対の働きをします。


交感神経の働き

血管を収縮させる、心拍数が上がる、血圧が上昇する


副交感神経の働き

血管を拡張させる、心拍数が下がる、血圧が低下する


一般的にストレスを受けると交感神経が優位になり、身体は緊張状態しやすくなります。偏頭痛ではこの自律神経のバランスが崩れていることが多く見られます。


カイロプラクティックで血管性頭痛をどう対処するのか。

なぜ血管が必要以上に拍動するのか?

なぜ血管が拍動を強めなければいけないのか。拍動する必要がない状態を作れば、改善が見込めるのではないか?そう考えました。

頚動脈は、内頸動脈と外頸動脈に別れ頭部へと流れていくのですが、
その際に胸鎖乳突筋や茎突舌骨筋、顎二腹筋の下をくぐり頭部へと至ります。

zutsu1.png

これらの筋肉の緊張状態が高まったとき、筋腹は膨らみ、内頸動脈や外頸動脈に圧迫のストレスが加わります。

このとき、血液はしっかりと頭部へと流れているのですが、血管が圧迫を受けてしまうことで、血管は神経を介し、反射的に拍動を強め、頭部へと頭を流そうとする反応が起こるのです。

この拍動があまりにも強いために、ズキンズキンとした痛みとなり、片頭痛は起こると考えています。

胸鎖乳突筋や茎突舌骨筋、顎二腹筋の筋緊張が治まってくると偏頭痛が起こる頻度や程度、持続時間などが自然と軽減してくるのです。


なぜ胸鎖乳突筋や茎突舌骨筋、顎二腹筋が緊張するのか。

胸鎖乳突筋は首を前に出す筋肉で、パソコンをしている際などに画面に近づくような姿勢をとっているいとこの筋肉の緊張は高まります。そんな姿勢で長時間いれば、筋肉は疲弊し、こりかたまり、痛みを作ってしまいます。

茎突舌骨筋、顎二腹筋は顎関節の動きに関与しています。
顎がうまく開かなかったり、顎を開ける動作で痛みがあったり、食いしばり、歯ぎしりなど、顎の動きが悪くなるとこれらの筋肉は硬くなってきます。

カイロプラクティックでは背骨の矯正や顎関節の調整をし、胸鎖乳突筋や茎突舌骨筋、顎二腹筋が緊張しにくい状態を作り、内頸動脈や外頸動脈への圧迫を軽減させていきます。

筋緊張が緩まり内頸動脈と外頸動脈への圧迫が軽減していくと、片頭痛は自然と軽減し、片頭痛のない身体へと変わってくるのです。

Index of all entries

Home > 偏頭痛について Archive

Search
Links

Return to page top