Home > 症例(小学生の頭痛) Archive

症例(小学生の頭痛) Archive

中学受験中で偏頭痛(片頭痛)で悩まされている(小学6年生女の子)

2年前(小学4年生)から受験勉強を始め、塾に通うようになり、勉強三昧の日々を送るようになった。
小学5年生になってからたまに頭が痛くなるようになった。
6年生になると、頭痛の頻度が増え、勉強に支障がでるほどになってきた。頭痛で学校を休むようになり、頭痛外来でMRIを撮ってもらったが、脳に以上はないと言われ、親御さんはほっとしたとのこと。

机に向かう姿勢もよくなく、それが長時間であるということ。
おそらく、遊びたい年頃なのに勉強をしないといけないので、ストレスもたまっているのではないか。

とのことでした。

頭痛の状態は
日中におこり、30分ほどズキンズキンするような頭痛が続き、1日に数回訪れるとのこと。
3ヶ月ほど前から週に2,3日ほどこのような頭痛が起こる。
薬を飲むと効果もあるが、親としては飲ませ続けることに抵抗がある。


<初回の状態>
・姿勢は、前傾ぎみ、猫背姿勢、肩甲骨が前方へシフトし、背中が丸くなっている。スウェイバック。
・肩甲骨の動きが悪く、肩がしっかりと挙上できない。

<経過>
1周間に一度のペースで4回ほど施術を行っていったところ、3週目から頭痛の頻度が週に1回くらいになり、痛みのレベルも最初に比べ半減以下に治まってきた。
4回目の施術後から頭痛が出なくなり始めたので、エクササイズを勉強の合間やお風呂あがり、寝る前にやってもらうようにし、2週に1度のペースで施術を行っていった。

2週に1度のペースで2ヶ月間施術を行っていった期間では、頭痛はほとんど生じなくなった。

その後、3~4週に一度のペースで、受験が終わるまで継続して施術を行っていくことにした。


担当 日野 コメント

肩甲骨と肋骨の間で癒着が生じてしまい、肩周辺の筋緊張が高まり、血液の流れが悪くなっている状態でした。
また、下向きで何時間も机に向かっているため、後頭部の筋肉が凝り固まり、そこから頭痛に発展していったようです。

施術は、背骨を安定させるため、骨盤から矯正を行っていき、背骨でしっかりと頭を支えられるように姿勢を矯正していきました。
また、肩甲骨周辺の筋肉の癒着をしっかりと剥がし、血液が流れやすいように筋肉の柔軟性を高めていきました。

子供が頭痛を起こすの?と聞かれることも多いのですが、子供も大人と同じようにデスクワークを何時間も続けていれば、首肩周りの筋肉が凝り固まり、肩こりが頭痛に発展していってしまいます。

運動して血液を循環させられればよいのですが、受験ともなるとなかなか運動もできなくなってしまうのですよね。

子供の頭痛は、身体が固まってもほぐせばすぐに柔らかくなるので、大人の頭痛よりも取れやすかったりします。ストレスが絡んでくるとそうもいきませんが。

小学生や中学生で頭痛で悩んでいる子がいましたら、一度リガーレ・カイロプラクティックで身体を調整しにきてみてはいかがでしょう。

Index of all entries

Home > 症例(小学生の頭痛) Archive

Search
Links

Return to page top