横浜にある当院は数多くのメディアにも紹介されている整体院です。

リガーレ・カイロプラクティック横浜


右膝の痛み (20代/男性)

川崎市在住の20代男性が右膝の痛みを訴えて来院した。

趣味が高じてフルマラソンにも参加するレベルになっていたが2週間前辺りから、走って10キロ辺りから右膝に違和感を感じるようになり、現在は走ろうとするとすぐに痛みを訴える様になった為、走れないでいる。

違和感を感じてすぐに近所の整形外科に行き、レントゲン撮影を行なった。その時は骨に異常はないと言われたので、今度はMRI撮影ができる病院行ったが、半月板などの軟骨組織にも特に異常が見られなかった。

医師からは軟骨や骨組織には異常がないため、筋疲労でしょうと言われ、痛み止めの処方と湿布薬の処方であった。

改善の糸口が見えず、運動をできないストレスもあったため、今まで経験の無かったカイロプラクティックに言ってみようと思いインターネットで色々検索をし、口コミ評判を元に当カイロプラクティック院に来院した。
 

<初回時の症状>

 

通常の歩行では多少の違和感を感じるものの、それほど痛みを訴えるわけではないため、来院時に歩き方などの外見上に問題は無かった。

しかし検査の際に屈伸をしてもらうと、できるのだが右膝外側に痛みを訴えていた。また、ジャンプなどの衝撃を与えると痛みを訴えていたので、走るなどの動作は確かに難しいだろうと感じた。

 

<施術の経過>

 

1回目:大腿四頭筋停止部と第三腓骨筋、前頚骨筋など、膝に付着する大きな筋群をしっかり緩め、膝窩筋などの関連で前面部が痛くなることも十分考えられるため、超音波療法を用いて施術した。

また、脛骨(すねの骨)の内旋(内側に捻れている)状態がみられたためその内旋状態を取り除くような施術をした。

 

2回目:前回の施術でほぼ痛みは消失。元々来院時には痛みが殆ど無かったため、後日確認してみてくださいとの旨を伝え様子を見てもらったが、走っても痛みが少なかった。

ただし、少なかったとはいえまだゼロの状態にはなっていなかったため同じような施術を施した。

 

3回目:今までと同じ距離を走っても痛みが殆ど無かったためかなりの改善と受け止めた。直接的な原因は後述する部分にあることは施術の経過から正しいことは分かったが、右膝だけに痛みが偏るような状態は根本的には重心バランスや走りの際の骨盤や股関節の動きに原因があるだろうと考え、腰部に対しての施術を行って終了した。

 

現在は患者の意志で、違和感を少しでも訴えたら未然に防ぐような施術を行っている。
 

 

コメント

この方の症状は問診や動的検査(ジャンプや屈伸など)を行ってもらった際には響くような痛みを訴えたため、画像上、半月板損傷などは疑われないということだったが、私自身は少し怪しいと思っていた。しかし半月板損傷や十字靭帯の問題を疑う整形外科的検査で、アプレーテストやマクマレーテストでは症状の誘発はみられなかった。

 

初回は様子見も兼ねて筋肉などの軟部組織の施術をして様子を見てもらったところかなりの改善がみられたため、結果論ではあるがこの施術の方向性で問題がない=膝周囲の筋組織に起因する痛みだろうことが判明したため迷いなく同じ施術を継続した結果、かなりの改善が見られた。

 

現在は同じような症状や更に悪化しないように自己判断で予防のため来院している。

同じような症状でお悩みの方は一度当院のカイロプラクティック治療を試してみてください。

 

リガーレ・カイロプラクティック横浜のご案内

住      所:
横浜市西区南幸2-16-20 YKビル4F
アクセス:
横浜駅西口徒歩5分
お問い合わせ・ご予約
045-313-9886
営業時間:
10:00~20:00
(20:00最終受付)
休業日:
祝祭日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ