Home > スポーツ別 > | 坐骨神経痛 > | 格闘技 > | 症状別 > | 腰痛 > 総合格闘技の練習で腰痛、お尻から腿裏にかけての痛み(20代男性)

総合格闘技の練習で腰痛、お尻から腿裏にかけての痛み(20代男性)

総合格闘技の試合が控えていたため、練習をハードにするようになった。2週間前に200~300段近くある階段をダッシュで駆け上がるトレーニングをやったあとから腰から左臀部、腿裏にかけて痛みが出てきた。

1週間前から立っていると5分ほどで痛みが出てきて立っていられなくなってきてしまった。寝るときも膝を曲げていないと寝ることができなくなってきてしまった。

2週間後に試合が控えているので何とかしなければと思い、リガーレカイロプラクティックに来院。

<初回の状態>
・前屈での痛みはないが、前屈から膝を曲げていくと痛みが生じる。
・足上げテスト (-)
・腰を反らせると腰が痛む

既往
5年前に急性腰痛

<経過>
初回
腰部の矯正、ならびに臀筋群の調整をしていったところ、腰をかがめる姿勢での痛みが軽減した。
殿筋のストレッチと四頭筋のストレッチを教えて1回めの施術を終えた。

2回目
症状はほとんど消失し、仕事で30分ほど立っていると臀部にハリを感じる。


3回目
立っていても痛みは出なくなった。
練習でも痛みはなくなった。

担当 日野 コメント
総合格闘技の場合、構える体勢で股関節を曲げている状態が多く、この方の場合、左足を前に出すような体勢になることが多かったため、背骨も全体的に左に傾斜していました。

背骨が左に傾斜していかないように骨盤、腰部の矯正をしっかりと行っていきました。

また、筋肉も左に曲がるように癖づいていたため、筋肉の再教育もしっかりと行っていきました。

特に身体を曲げる筋肉が硬くなってしまうと、反対に身体を反らせる筋肉の活動が制限されてしまうことがあります。
おしりに症状がありましたが、前面の筋肉の過緊張をしっかりと取っていくことで治りが早かったものと考えられます。

なんとか試合に間に合って良かったです。

身体に痛みや違和感を感じたら早めにカイロプラクティックを受けてみましょう!




Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.ligare-chiro.com/mt/mt-tb.cgi/1012
Listed below are links to weblogs that reference
総合格闘技の練習で腰痛、お尻から腿裏にかけての痛み(20代男性) from 横浜・東京・新宿のスポーツ整体なら|リガーレ・カイロプラクティック

Home > スポーツ別 > | 坐骨神経痛 > | 格闘技 > | 症状別 > | 腰痛 > 総合格闘技の練習で腰痛、お尻から腿裏にかけての痛み(20代男性)

治療院の紹介

リガーレ・ウェルネスケアセンター
横浜市西区南幸2-16-20 YKビル10F
TEL: 045-620-0738

リガーレカイロプラクティック横浜

横浜市西区南幸2-16-20 YKビル4F

TEL:045-313-9886

リガーレカイロプラクティック新宿

新宿区新宿4-1-4 新宿南口ビル6F

TEL:03-3353-8353

Search

Return to page top