Home> スタッフ紹介 > 八住 基洋

八住 基洋

yasumiincho.jpg

応用理学士(医科学)
       Bachelor of Applied Science(Clinical Science) -Australia-
カイロプラクティック理学士
       Bachelor of Chiropractic Science -Australia-

1991年 渡豪
1997年 Royal Melbourne Institute of Technology VCE 修了

1997年Deakin University在学


1999年 日本に帰国
2000年 Royal Melbourne Institute of Technology-unit Japan 入学
2003年 RMIT大学新橋外来センターにてインターンとして施術を行う
2005年 オーストラリア政府公認 応用理学士/カイロプラクティック理学士 取得

2005年 Royal Melbourne Institute of Technology-unit Japan 卒業
2005年 カイロプラクティック・ケア・センター馬車道にて院長を務める
2006年 TRINITYカイロプラクティックに移り臨床業務に励む 
2011年 TRINITYカイロプラクティック退職

   同2011年 LIGARE カイロプラクティックに入社
   2014年 LIGARE カイロプラクティック横浜 院長就任
   

1977年 横須賀生まれ 

中学1年生から大学3年までオーストラリアに留学。 現地の中学・高校を卒業後、大学でビジネスを専攻していたが、 人の助けになる仕事がしてみたいという想いが前々からあり、 帰国後様々な医療系学校を見学。 その中でカイロプラクティックという治療方法に興味を持ち、専門学校に入学・卒業した。
しかし、授業内容や理論的な部分での納得が出来ず、 Royal Melbourne Institute of Technology-unit Japanに再度入学。
卒後、カイロプラクティック・ケア・センター馬車道にて院長をしていたが、 TRINITYカイロプラクティック院長に引き抜かれてTRINITYカイロプラクティックに臨床の場を移す。その後交通事故に合い、生死を彷徨った事がひとつのきっかけになりTRINITYを離脱。

その時に学生時代の同期で、元々同じTRINITYカイロプラクティックで同僚でもあった、現リガーレカイロプラクティック代表の日野に誘われ、臨床の場をこちらに移した。
経験実績上同じ経験値を保持しているため今回リガーレカイロプラクティック横浜の院長になりました。
豊富な臨床経験で、カイロプラクティックを自己の中では医療としての位置づけとモチベーションを持って「症状を治し、健康状態を維持していくためにどうすればいいのか?」を常に考え、カイロプラクターとしての信念とプライドを持って皆様に接していくことを誓います。


Home> スタッフ紹介 > 八住 基洋

Search
Feeds

Return to page top